社会貢献活動

蝶理グループCSR活動方針

蝶理は、「あなたの夢に挑戦します。」のコーポレートスローガンのもと、「環境への配慮と保護」「地域社会への貢献」「子供たち(次世代)の学びと育成」を3つの重点分野とし、事業活動及び社会貢献活動を通じてステークホルダーの未来に繋がる活動を行います。

1.環境への配慮と保護

ステークホルダーの未来を守るため、脱炭素社会と環境保護に貢献する活動に取り組みます。

2.地域社会への貢献

地域社会の未来を創生するため、事業活動を行う地域社会の発展に貢献する活動に取り組みます。

3.次世代の学びと育成

次世代につなぐ未来を豊かにするため、青少年の夢への挑戦に貢献する活動に取り組みます。

2022年

大学生対抗IRプレゼンコンテスト

2023年2月17日に開催された、第7回「大学生対抗IRプレゼンコンテスト」に協賛しました。
当コンテストは、学生の金融リテラシー向上をコンセプトに大学をまたいで構成された「学生投資連合 USIC」が主催しています。同連合に所属する大学の投資サークル13チームが、抽選でペアとなった上場企業を取材・研究し、10分間のプレゼンを発表する大会です。企業の強みやリスク等を、各社のIR担当者になりきって発表し、審査員2名による評価で順位を競います。
蝶理を担当した西南学院大学(福岡市)の投資サークル「SEINAN INVESTMENT」は、「審査員特別賞」を受賞しました。

港北ふれあいストリートダンスまつり

2022年10月16日(日)に横浜市港北区の商業施設「トレッサ横浜」にて開催された、「港北ふれあいストリートダンスまつり」に参加しました。当イベントは、「いろんなあじ、みんなちがってみんないい」をテーマとした、未就学児~中学生を対象としたダンス大会です。700人近くの子どもたち(総勢72チーム)によるダンスの発表会やダンスソロバトルなどがあり、蝶理のキャラクター「CHORIくん」も慶応義塾大学ダンスサークル「JADE」のメンバーと一緒に踊り、会場を盛り上げました。

CHOIあるき

国連WFP(国連食料支援機関)主催チャリティウォークイベント(WFPウォーク・ザ・ワールド)に2019年まで協賛し、東西で毎年多くの社員と家族が参加していました。コロナ禍で開催困難となったため、2022年はウォーキングアプリを活用し、組織やグループで歩数を登録、一定期間一定歩数をクリアした人数分の金額を会社からWFPに寄付する独自のチャリティウォークイベントを開催。社員および国内関係会社従業員の健康促進と社会貢献活動として、4月度は過去最高の参加者数(260名)を達成しました。

2020年

「こども本の森 中之島」への寄附

©伊東俊介

本や芸術文化を通じて子どもたちの豊かな創造力を育む文化施設として、大阪出身の建築家である安藤忠雄氏がご自身の設計による建物を大阪市へ寄附され、2020年7月に開館されました。当社は、設立に込められた「一人でも多くの子どもたちに読書の楽しさを伝え、本を好きになってもらいたい」という想いに賛同し、寄附を行いました。

施設の詳細については、こちらをご覧ください(入館には事前予約が必要です)。

新型コロナウイルス感染症における支援活動

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、東日本大震災時に放射能対策として備蓄していたマスクや防護服など支援物資を医療機関にお届けしました。

2019年

東日本大震災支援

東日本大震災の復興支援としてナチュラルダイの草木染イベントの開催や、さまざまな寄贈を行っています。
詳しくは下記ページをご覧ください。

日本ダンス大会

スポーツ庁後援事業「日本ダンス大会」に特別協賛

2019年6月23日(日)、当社がCSR活動の一環として特別協賛するスポーツ庁後援事業「第7回日本ダンス大会」がカルッツかわさき(神奈川県川崎市)で開催され、京都文京高等学校が4年ぶり2回目の優勝を果たし、文部科学大臣杯が授与されました。予選を勝ち抜いた全国高校代表チーム47校による高校ダンス部日本一決定戦では、約2,000人の観衆の中、熱戦がくりひろげられ、大盛況の中、令和に入って初めての大会は無事閉幕しました。

本大会は、ダンスを生涯教育としてとらえた教育的な全国規模のダンス大会であり、日本の高校部活チームから優秀校を選出し、最優秀チームを決定するダンスコンテストを開催するとともに、様々なジャンル・年齢で構成されるダンスチームを招聘し、日本トップレベルのエキシビションを行います。出演する高校生が自らのダンスを発表するだけに留まらず、他チームの演技を「観て、学ぶ」ことができる学びの場を提供します。当社は本大会の趣旨に強く賛同し、第1回よりCSR活動の一環として特別協賛しております。

当社のコーポレートスローガン、「あなたの夢に挑戦します。」は、本大会のサブタイトルにもなっています。当社は、この活動によって、青少年の健全な育成を支援し、コミュニケーション豊かな社会、楽しさや喜びを共有する社会への貢献を継続していきます。

第1回~第7回日本ダンス大会:特別協賛

国連WFP主催「WFPウォーク・ザ・ワールド2019」に企業協賛

国連WFP学校給食プロジェクトを支援するチャリティーウォーク「WFPウォーク・ザ・ワールド」が、5月12日(日)に横浜、26日(日)に大阪にて開催されました。

当社からは東西併せて204名の社員・家族等が参加し、募金総額は163,840円になりました。これによって、約5,400人の子どもたちに給食を提供できます。学校給食は子どもたちの栄養状態や健康が改善されるだけでなく、出席率や成績向上にもつながります。また、家庭が子どもを毎日学校に通わせる強いきっかけにもなります。国連WFPの支援活動の主旨に賛同し、当社は2016年から企業協賛しています。ご協力いただいた皆様の募金が地球の飢餓を救います。

過去のWFPウォーク・ザ・ワールド

参加日時 当社参加者
2018年5月13日(日)横浜
2018年5月27日(日)大阪
186名
2017年5月14日(日)横浜
2017年5月28日(日)大阪
185名
2016年5月15日(日)横浜
2016年5月29日(日)大阪
202名

2018年

2018ハンザクラスワールド&インターナショナルチャンピオンシップへの協賛

ユニバーサルデザインのヨット「ハンザ」のレースとして、広島県でアジア初開催された世界大会「ハンザクラスワールド2018」へ協賛しました。ハンザは誰でも簡単に船を操縦することが可能で、「障害の有無にかかわらず、相互に人格と個性を尊重し合いながら、共生する社会の実現を目指す」という本大会の趣旨に賛同し、寄付を行いました。

寄付日 寄付先 寄付先の使途
2018年10月 ハンザクラスワールド&インターナショナルチャンピオンシップ 広告協賛、レース広告(セール・艇体)

平成30年7月豪雨災害における支援活動

西日本を中心とした豪雨被害に対して、日本赤十字社通じて寄付を行いました。

寄付日 寄付先 寄付先の使途
2018年7月 日本赤十字社 平成30年7月豪雨災害義援金