株主還元

配当方針

当社は、株主への利益還元を重要な経営課題の一つと位置付けており、継続的・安定的な利益還元と経営・財務の安定性確保の観点から、親会社株主に帰属する当期純利益の水準に応じた業績連動型配当を実施し、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としております。
配当額につきましては、事業発展のための投資資金の確保に留意しつつ、経営環境等を総合的に勘案し、親会社株主に帰属する当期純利益に対する連結配当性向 30%(年間)かつ株主資本配当率(DOE)3.5%以上を満たす額とします。

配当状況

2022年度における1株当たり年間配当金につきましては、105円です。

2019年度 2020年度 2021年度 2022年度 2023年度(予想)
中間配当 31.0円 14.0円 42.0円 50.0円 58.0円(予想)
期末配当 32.0円 23.0円 42.0円 55.0円 58.0円(予想)
年間 63.0円 37.0円 84.0円 105.0円 116.0円(予想)

配当金および配当性向の推移