蝶理で働く人

坂根 悠矢

ステップを踏むほど感じた“雰囲気の良さ”

    「川上から川下まで携わる仕事に就きたい」という想いは、就職活動時に抱いていたこだわりの1つでした。そのため、原料から製品まで一貫してマネージメントできる専門商社の仕事は魅力的に感じており、中でも若手に幅広く仕事を任せてもらえる蝶理へ入社を決めました。また、仕事の魅力と同じくらい、社風やそこで働く人に惹かれたことも動機の一つです。通常、面接では回数を追うごとに緊張し上手く喋れなくなることも多いものですが、蝶理の場合は逆。部長、役員と最終面接に近づくほど話しやすく、アットホームな雰囲気を感じることができ、決断を後押ししてもらえたことを覚えています。
    私が所属する合繊・カーシート部は1課と2課に分かれており、私が所属する1課はポリエステルを中心とした“長繊維”の糸を扱う課。自動車の座席に使うカーシートのほか、ワーキング用の作業着や制服といった様々な用途があります。各国のメーカーより輸入した原料に加工を行い、付加価値をつけて販売しています。また、合成繊維を使った織りや編みなどは、福井や石川、富山といった北陸地方が一大産地。いわば繊維生産の“現場”である北陸地方の工場の方々とのコミュニケーションも大切な仕事ですね。

企業と生産地を巻き込み、創っていくのは「新しいビジネス」

    繊維の仕事に携わる中で、国内、特に伝統的な“織り”の文化に育まれた北陸地方の生産力・技術力の高さを改めて実感しています。もちろん、近年諸外国においても高品位で低コストの商品は多く展開されていますが、北陸地方の持つ細部へのこだわりや品質は世界有数のもの。海外からの輸入品を使ったコスト削減の提案や、各国間のビジネスを推進することも当然重要ですが、同様に“北陸産地”の持つ力をより拡大し、国内・国外へ展開することも大切だと考えています。
    そうした想いを初めて形にすることができたのが、営業として働き始めてまだ間もない頃に出会ったとある企業との仕事でした。織物や布地といったテキスタイルづくりを営んでいたその企業は、当時パートナーとなってもらえるより良い工場を探している最中。通い詰めてコミュニケーションをとる中で、「今度、北陸の工場と一緒に仕事をしたいと考えている」というニーズを伺い、それならばと両者の間を取り持ち、ビジネスフレームのプランニングを実施しました。蝶理、お客様、北陸の工場という3者を結び付けることで新たな商流が生まれ、当初20トン足らずだった取引量は2倍から3倍まで増加。現在では100トンを目指すまでに成長しています。

入社1年目で出会った、“ため込ませない”カルチャー

    蝶理に入社して最初に受けた研修の中でまず学んだのは、「分からないことや不安をため込まない」ということでした。卒業間もない新入社員にとって、初めての社会人経験、それも商社の世界は分からないことだらけです。私自身、研修で様々な部署を経験させて頂き、多くの業務を目にしながら日々疑問や不安を感じていました。多くの新人と同じく緊張していた当時の自分は「あまり些細な質問をし過ぎるのも悪いのかな…」と考えていたのですが、その際に言われたのは“ため込む方が悪い”ということ。「些細なことでも、疑問に感じたらすぐに聞く」「不安なことは何でも言う」という2点を強く教えられ、それからはどんなことでも質問するようになりました。おかげで業務をスムーズに理解できたことはもちろん、質問を通じてコミュニケーションをとることで、社内のネットワークを築くこともできました。営業として時に他部署とも関わる現在では、当時の人間関係が大いに役立っています。学生から社会人になるということは、大なり小なりハードルに出会うもの。会社の名前を背負うことで、これまでにない責任感や不安を感じることにもなります。これから入社する方々がもしそんなシーンに出会ったなら、ぜひ周囲の先輩や上司に声をかけて下さい。蝶理には、どんな小さな不安や疑問にも真剣に向き合うカルチャーがあります。大丈夫、私自身が上司に“飲み会でオススメのお店”を質問しているくらいですから(笑)。

1日の仕事の流れ

  • 前の先輩社員を見る
  • INDEX
  • 次の先輩社員を見る

ページトップへ