グローバル

グローバル

半世紀を超えた蝶理のグローバル展開。それは私たちの強み。

蝶理では、第二次大戦後の民間貿易が再開された1949年より、海外での販路拡大を積極的に行い、時代に合わせて世界各地に海外拠点を設置し、貿易活動を展開してきました。長年培ってきたこのグローバルネットワーク、そしてその連携から生まれる新しいビジネスの流れは、すでに私たちの強みとも言えるものです。今後も拡大が見込まれる「アジア」を中心にしたグローバル展開を推進し、さらなる成長を目指していきます。

TOPICS

1957年 駐在員事務所を解説

この年、ニューヨークと香港に駐在員事務所を開設。蝶理のグローバルへの拠点進出が始まった記念すべき年です。

海外売り上げ比率80%以上

グローバルネットワークを活かした商流の創出により、同業他社と比較しても高い水準を維持しています。

世界35拠点

中国、ヨーロッパ、アメリカ、南米、アジア、中東の各地域に事務所を設置、現在、38拠点を数えます。

2005 日本の商社第一号設立

日本の商社第一号として、上海に「蝶理(中国)商業有限公司」を設立、中国ビジネスの拠点となっています。

NEWS

2015年1月、烏魯木斉(ウルムチ)事務所開設。

中期経営計画「躍進2016」における重要施策である中国西北地区展開を推進させるため、中国新疆ウイグル自治区烏魯木斉市(ウルムチ市)に事務所を設置。発展著しい中国内陸部の一つであり、またモンゴル・カザフスタン・キルギスタンと隣接する中央アジア地域の玄関都市としてさらに発展が見込まれています。既に実績のあるコンデンサー向け原材料の取扱に加え、今後、建築資材・繊維資材等での事業開発を進めていく予定です。

化学品商社ミヤコ化学を完全子会社へ。

2015年5月に国内の老舗化学品商社であるミヤコ化学株式会社を買収、完全子会社とした。基礎化学品・機能性化学品からライフサイエンス等幅広い商品を取り扱っているミヤコ化学は国内販路に絶対的な強みを持ち(国内売上90%超)、当社の海外ネットワークとの相乗効果で蝶理グループの更なる事業拡大への貢献が期待されています。

グローバルネットワーク拡大中

強固なグローバルネットワークの構築を目的に2016年に海外拠点の拡充・整備を加速させました。中南米ではカーシート、機械ビジネス強化のためメキシコに現地法人を設立。ペルーに駐在員事務所を設立予定。日本本社との連携により、グローバルビジネスの拡大が見込まれています。

ページトップへ